モニター・monitor ディスプレイとどう違う

モニターと、ディスプレイって何が違うのかわからないという声も多く聞こえて来ます。

モニター・monitorとディスプレイ・display、両方とも頻繁に使用する言葉ですよね。

であれば当たり前に回答は出来る感じもしますが、果たしてどの程度の人たちが正しく答えることが出来るのでしょうか。

ディスプレイ レンタル

モニター・monitorとは

パソコンを使用している人たちは、頻繁にモニター・monitorという言い方をするのではないでしょうか。でも……、ディスプレイという言い方もします。

結局、どちらを使用しても間違いということではありませんが、バラバラな使い方ではなく出来るだけ統一というのがいいのかもしれないですよね。

そう言いながら、結構、みなさん気軽なモチベーションで両方使っている傾向があり、だからモニター・monitor、ディスプレイともに、捨てがたさもあります。

しかし、意味を追求すれば、モニター・monitorに対しては、監視という意味合いがあり、ディスプレイには、表示という意味合いがあります。

ですから、監視モニターという時には、モニター・monitorという言葉がしっくり来て、普通私達が使用しているパソコンに繋ぐものに対してはディスプレイというのが妥当でしょう。

しかし、どうしてもパソコンのものに対してもモニター・monitorという方々がおり、そのような人たちを使い方が間違っていると否定することももはやありません。

今後どのように変わって来るのか

今後、モニター・monitorとディスプレイの違いがどのように変わって来るのかについても考えてみましょう。

今後、タッチパネルという画面上で操作ができる部分がより強調されることが予測することが出来ます。そのようなとき、よりモニター・monitorよりも、ディスプレイ押しという雰囲気になって来るのではないでしょうか。
ディスプレイには、表示という意味合いがより強くあるからです。

いずれにしても、言えるのは私達はちょっと昔の時代よりもモニター・monitorにしろ、ディスプレイにしろ、向きあう機会が非常に増え、それ以前そのようなモノは家庭に登場しなかったということもあるでしょう。

言えるのは、モニター・monitorもディスプレイも、ちょっと以前の時代よりも確実に性能のいいものがリーズナブル価格で購入出来るようになったことです。時代は進化して、もっとモニター・monitorとディスプレイが混在する世界が来るかもしれませんし、それはある意味仕方のないことかもしれません。

関連記事