プロジェクター・projector購入のポイント 解像度

あなたはまだプロジェクター・projectorのことが正しく理解出来ていないのではないでしょうか。プロジェクター・projectorを購入する上で、大事なポイントは、解像度です。

解像度が高いと、映像が綺麗になるという見方だけでは、ちょっと漠然とし過ぎてしまっているかもしれません。

もうちょっと踏み込んだ目線でプロジェクター・projectorを追ってみましょう。

プロジェクターレンタルはAZA

プロジェクター・projectorの解像度とは

そもそも解像度とはどのような意味合いの言葉なのでしょうか。解像度は、「輝度」や「コントラスト」とともに、映像のクオリティーを左右する大事なポイントです。

具体的に言えば、解像度は、映像を表現するドットの数を表す数値です。

数字が大きい程、解像度が高いということになります。映像に対して、キメ細かさを表現することが出来ます。

もしも、解像度の低いプロジェクター・projectorを選択してしまった場合、スライドの文字が潰れて読めないというケースも出てきてしまうかもしれませんが、解像度の高いものなら、しっかり読むことが出来ます。

あなたがどのようなプロジェクター・projectorを選択するかで、このような大きな問題も出てきてしまうでしょう。

解像度の規格

プロジェクター・projectorの解像度の規格には、<VGA> 解像度:640×480
<SVGA> 解像度:800×600
<XGA> 解像度:1024×768
<WXGA> 解像度:1280×800という表現がされています。

ドットの細かさが、この数字で表されていますが、かつ、640×480という表現の仕方で、スクリーンのヨコとタテの比率もあらわしています。

「1024×768」は「4:3」という比率を同時に表現しています。

実際に、現在、プロジェクター・projectorに対しては、XGAやWXGAと言ったものが多く出回っています。

以前、プロジェクター・projectorを購入したという方々は、きっと
VGAやSVGAと言った商品をお持ちではないでしょうか。

どのような解像度を選択するべきか

プロジェクター・projectorに対して、果たしてどのような解像度を求めて行けばいいのでしょうか。そのような場合、単にプロジェクター・projectorの解像度という意識ではなく、映像を出力するパソコンの解像度もチェックする必要があります。

パソコンにも実際には、いろいろな規格の解像度があるでしょう。

プロジェクター・projectorには、パソコンとの解像度で違っても、自動変換出来る機能が搭載されています。

しかし、パソコンと、プロジェクター・projectorの解像度は、一致させた方がより綺麗な映像を実現することが出来ます。

関連記事